時間のある時に少しずつ遊んでいるオーバーウォッチですが、発売してからそろそろ一ヶ月が経ちますね。
個人的には、普通のFPSだと大体このくらいになると大体洗練された動きのPTを相手にする事が増えてきて、野良だと遊ぶのに苦痛を感じてくる頃ですが、オーバーウォッチについてはあまり感じません。

この辺りは、謎の勝率50%調整マッチングだからですかね。
まぁ、PT相手にするより連勝すると強制的に負け試合に移動させられるのも苦痛なんですけどね(笑)


さて、オーバーウォッチを最初遊んでいる時はあまり感じませんでしたが、一月経つとゲームに慣れたプレイヤーも多く、一対一の状況でデス一歩手前ギリギリの状態になる事が増えてきました。
そして、よくあるのが逃げ切れたと思ったらデスしてしまったとか、先に撃った筈なのに・・・
というFPSではよくあるストレスを感じ始めました。

決定的だったのは、ファラの練習をしている時・・・
ULTが当たらない。
AIMが下手とかの話とは別に何かがおかしい


もしかしてとPS4のネットワーク診断をしてみると『下り』が60前後に対して『上がり』が6しかない。
これまで何度も調整してきて両方60くらいあった筈なのに・・・


オーバーウォッチで感じている違和感の正体はこれか?
という事で早速PS4のアップロード速度改善に向けて試行錯誤してみました。



まずは、現在の状況を確認
①OCN光マンションタイプ(西日本)なので、速度はどんなに速くても100Mはいかない環境。
②PCでの回線速度チェックでは『下り上がり』ともに90近く出ている。
③XBOXONEの回線速度チェックでも『下り上がり』60前後の数値を確認。
④PS4の回線速度チェックでは『下りと』『上がり』に10倍以上の差が生じている。
⑤PS4の回線速度は過去調整して両方60前後の数値になっていたのに今回元に戻っている。
⑥接続方法は全て有線。

この状況から判断するに、原因はPS4のネットワーク設定に問題があると考えられるので、まずはネットで情報収集する。

しかし、今までも散々確認してきましたので特に新しい情報は確認出来ない。
特に、集合住宅等にあるマンションタイプでの情報は圧倒的に少ないし、どの情報も微妙に自分の環境とは違う。

過去、私が試してきたのは以下の方法

①MTUを手動で入力する
②IPアドレス設定を手動で入力
③ルーター(CTU)でポート開放

等を試しいずれも一定の成果は上がってきました。
しかし、①のMTUを手動で入力する方法は2年ほど前のPS4のアップデート後にエラーが表示されるようになり、アップロード速度の改善効果は消えてしまいました。

次に、②のIPアドレス設定を手動で入力方法を試して一時的に効果を得ていましたが、CODのアドバンスド・ ウォーフェアが発売された直後くらいに確認すると、またアップロード速度は6Mまで下がっている。

そこで、最後の③を試した所、見事アップロード速度が平均50Mを超えるようになったので一安心していたのですが、今回確認してみると元に戻っている。


【お手上げ状態】
ネットで有益な情報を検索しても、どの記事も似たような話でどの記事も古く、一度改善したのに元に戻ってしまった等の情報は何処にも無かった。

ルーター(CTU)の設定を見直したり、PublicDNSを試したりと色々しましたがどれも効果なし。
特に、8.8.8.8/8.8.8.4のPublicDNS何かは更に遅くなる始末。


【怪我の功名?】
しかし、何故GoogleのPublicDNSを試したら遅くなったのか?
ここで疑問を感じる。

そこで、更にPublicDNSについて調べていると、何か色々書いてありましたが・・・
難しくてよく分かりませんでした(笑)

まぁ、ようするにISPのDNSじゃなくてGoogleのDNSだから遠くなって遅くなるようです(端折り過ぎですね)
という事は、ISP(OCN)のDNSをCTUに登録したら早くなるのか?と思いCTUのDNSをAUTOから変更してみる。
しかし効果は無い。当然PS4側のDNSも同様に変更しても駄目でしたが・・・

ここで、昔ADSLを申し込んだ時に貰った契約書に書いてあったプライマリDNSとセカンダリDNSの存在を思い出す。
以前試した時に効果が無かったのですが、ポート解放後には試したいなかった事を思い出し、ルーター(CTU)とPS4のDNSを変更してみると・・・


なんと!!
見事アップロードの数値が60Mを超えるようになりました。


【感想】
私の環境だけかもしれませんが、一度アップロードの数値が上がってもPS4のシステムアップロードが行われるとアップロード速度が遅くなってしまう事が多々あります。
その度に試行錯誤しているのですが、やはり鍵はDNSの設定だと思います。


今回、私が設定したのは以下の通りです。

【PS4側設定】
●IPアドレス設定(手動)
●MTU(自動)
●プロキシーサーバー(使わない)

【ルーター(CTU)側設定】
●接続先詳細設定 
プライマリDNS(手動)
セカンダリDNS(手動)
●ポート(7項目追加)

以上の設定で私は無事解決しました。
恐らく、誰にも知られていないこのブログまで辿りついた方の中には、ネットに上がっている情報通りにやっても全く上手く行かず途方にくれている方もいらっしゃると思います。




【解決の鍵】
 
今回、色々調べて感じたのは、PS4のシステム側の問題(PSN)にあると思います。
私の環境では、PCとXBOXONEは快適なのにPS4だけどうやっても駄目という状態でしたし、何の苦労もせずに、快適環境の方はPSNとの相性が良いんでしょうね。

とにかく何をやっても改善しない方は、プロバイダーの契約書を見直してみて下さい。
特にマンションタイプで困っている方!!
割り当てられたDNSが明記されているかもしれません。

私の場合、光の契約書には何も書いてありませんでしたが、ADSL時代の契約書に書いてあり、それを使用することで改善しました。
何も無い方は、プロバイダー側に確認してみるのも一つの手です。


また、変更項目が多数ある場合は、一気に変えてしまわずに一項目ずつ変更してみるのも手だと思います。
個人的にはPS4のネットワーク関係はかなりデリケートなので、わずかな変更でも結果に影響を与える可能性がある気がします。


今回の設定では、DNSが鍵でしたが、環境によって違うと思いますので、諦めず試せる全ての方法を試してみて下さい。