昨夜、五山の送り火を観に行って大雨に遭いずぶ濡れになるわ渋滞で中々帰れずESOのログインが大幅に遅れるわで散々でした。

しかし、送り火が終わったという事は夏も終わりという事ですね~。
今年の夏の想い出はホント色々ありました。砂漠に行ったり雪国にいったり、後はドラゴンと戦ったり・・・。はい、ESOの想い出満載ですw


さて、今日もESOこと、エルダースクロールズオンラインでブログ更新です。
今日はDPSを上げる方法について書いていきます。
※ここでいうDPSはESOでいう所のロールではなく、DPS(ダメージパーセカンド)秒間ダメージの事です。


まず、DPSを上げるのに必要なのは、ダメージ値と手数が重要になってきます。
このゲームはパッシブ等でAS(アタックスピード)を上げる方法が無いので、手数に関してはスキルの発動速度やキャンセルで通常攻撃等を如何に絶え間なく使い続けられるか、後はDOT系スキルの重ね掛けが影響してきますが、どんなに頑張っても他人を圧倒できるほどの手数は得られません。

ESOでDPSの中心になるのはクリティカルと基本ダメージ値をどれだけ高められるかになってきます。
洋ゲーで特にDIABLOやPOEで遊んだ事がある方は、クリティカルビルドがDPSの中心になるのは何となく理解できると思いますが、とにかく洋ゲーはクリティカルビルドが大好きです。


クリティカルに異常なほど付加価値を付けているゲームも多いですよね。
ESOではソーサラーのサージというアクティブスキルで、効果時間中はクリティカル発動時に必ず○○値体力を回復するという効果があるくらいですが、私個人的には、このスキルの効果はOPスキルだと思っています。


まぁ、サージの話はまた今度書くとして、クリティカルを採用するか否かに関わらず、なんにしても基本ダメージ値を上げないと話しになりません。


そこで、基本ダメージ値を上げるにはどうしたら良いのか?という事になります。(ここからが本題)

過去記事でも書きましたが、まず基本ダメージ値に関するステータスを紹介します。

●マジカorスタミナの最大値
●武器or呪文ダメージ値
●スキルの基本ダメージ値



まず、上記の3項目が基本ダメージ値に影響します。
この中で一番重要な要素は武器or呪文ダメージ値です。
私も最初やらかしたんですが、DPSビルドはマジカorスタミナ極振りみたいな情報だけを受け取り、マジカとスタミナの最大値ばかり気にしていたにも関わらず基本ダメージ値が伸びない・・・。そんな状況にいた事もありました。

私は、以前紹介した【TESOブログ】The Elder Scrolls Online スキルダメージの計算の記事を書くにあたって自分で色々調べて計算する内に、武器or呪文ダメージ値がもたらす影響度がかなり高いことに気がつけたのですが、意外と落とし穴だったりするんですよね。(私だけかもしれないですがw)

なので、基本ダメージ値をあげるなら、セット装備やアクセサリーについている武器や呪文ダメージを○○値上げるという効果はマジカやスタミナ最大値より積極的に付けた方がいいです。

ざっくりですが、武器or呪文ダメージ値100とマジカ&スタミナ1050くらいが同等になります。
しかし、マジカやスタミナの最大値が高いという事はそれだけスキルを連発できるという事なので、どの程度分配するかはそれぞれのプレイスタイルによる事になります。




さて、基本ダメージは十分に上げられましたが『PVPで全然ダメージ入らないよ!!』状況になった方もいらっしゃると思いますが、与ダメージとなると基本ダメージ以外に更に幾つかの要素を考える必要がありますので、下記に紹介します

●攻撃対象の魔法or物理耐性
●攻撃対象の属性耐性
●自分の攻撃貫通力
●PVP限定で被ダメージは50%オフになる


以上の要素が基本ダメージ値を変化させ与ダメージに影響を及ぼします。
PVP等では高防御力のプレイヤーも多く、当然相手の防御力が高いほどダメージが通りませんので、貫通属性で相手の防御力を下げてダメージカット効果を減少させるのが主流になります。

防御力のダメージカット効果は以前【TESOブログ】The Elder Scrolls Online 防御力の効果 で紹介しましたが、貫通力2500くらいだと大体3%ちょっとダメージカット値を減らすことが出来ます。
二刀流で二つとも貫通特性だったら5000下げられるので7%弱の効果ですね・・・恐ろしい。



DPSを上げるのはどんな職業でも必要になってきます。
マジカやスタミナ極振りじゃないから無理だ~と思っている方もいらっしゃるでしょうが、意外と工夫次第で補填が可能です。
ステータスでマジカ極振りにしているけど、体力が少ないのでセット装備効果で体力最大値をつけたりするのもありですが、逆にステータスをヘルスに振って、その分セット装備効果で武器or呪文ダメージを上げた方がダメージは上だったという事もありますし、一度自分のビルド見直してみてみるのも良いかも知れません。

完成されたビルドでもまだ伸び代があったりするかもですよ。