以前、防御力の効果について検証結果を載せていましたが、防御力が20000台では被ダメージとダメージカットの計算がどうしても合わないので再度検証しなおしました。


以前の検証では0~10000くらいでデータを取り、防御力に対して0.0018乗算した数値がダメージカットのパーセンテージになるという結果になりました。
しかし、その計算では防御力27000だと48%近くダメージカットできる事になりますが、実際はそんなにカットできていません。

今回の検証では0~27000までの範囲でデータを取って再度計算してみました。


ミノタウロス CP160
防御力0
ダメージ2760

防御力21503
ダメージ1865

防御力26783
ダメージ1644


以上の検証結果を踏まえてみると、防御力21503の時では約32%のカット率で、防御力26783の時では約40%のカット率になり、計算としては、防御力10000以下の時の0.0018ではなく、0.0015を防御力に乗算してダメージカット率を計算することになります。

多分、これ以上防御力を高めても0.0015以下にはならないと思いますが、防御力を上げる労力考えると結構微妙ですね。
海外勢がDPSビルド一辺倒になるのも頷けます。

ダメージ50%カットを実現するには防御力33500は必要。
全身重鎧で特性も防御力高めるのにして、バフを使ったとしてもギリギリ届かないんじゃないかな~。


それならば、PVPはダメージカット率40%で止めておいて全身貫通耐性でクリティカルダメージを減らす方が効果的ですね。


う~む上手く作られてるけど・・・
PVPではタンクよりアタッカー有利な仕様になっていますね。

さて、ビルド練り直すか