今日は嵐のような夕立に遭遇する中、早くESOで遊びたいとの思いだけで雨の中を駆け抜け帰宅しました。

結果はまさかの臨時メンテナンス・・・
まぁ、世の中こんなものだよね。



さて、どんなに泣き叫ぼうがメンテなのは変わらないので、今日はビルド構築の根本であるスキル選びについて自分流の考えを書いていきます。



私(KIKO)がESOというゲームで感じたのは、『突出したスキルが少なく、どのスキルもデメリットとメリットがハッキリしている』という事でした。


スキル選びにおいて、この感覚がもたらす弊害としては、同じようなスキルをいくつも採用してしまうという事です。

ESOではスキル枠がメインとサブ合わせて10個+2個(例外除く)なので、同じようなスキルをいくつも採用してしまうと、当然スキル枠が足りなくなります。
特によくあるのが、攻撃系スキルをいっぱい詰め込んでしまうが、実際に戦闘すると使用頻度が極端に少ない死にスキルが多くあり、全体的に器用貧乏な感じになってしまう事です。

まぁ、私も皆さんも同じでしょうが、『こういう特殊な状況下ではこのスキルを使おう!!』などと考えながらスキルを採用しているのですが、その特殊なケースがいったい何回来るのか?そのスキル以外に必要なスキルが無かったか?と言われれば答えに困ることって無いでしょうか?


私は、ビルド構築する際の手探り時によく遭遇します。
やっぱり私は優柔不断なんですよね・・・



そこで、私はスキルを選ぶ際は、以下のルールを採用する事にしています。

①メインダメージソースとして考えるスキルは1つに絞れ!!
②サブダメージソースとして採用するスキルは多くて2つまで!!
③メインスキルの強化を最優先で考えろ
④CC系スキルはノックダウン系スキルを最優先に組み込め
⑤シールドor自己回復系のスキルは必ず1つ採用する
⑥効果時間10秒未満の自己バフ系スキルは1つまで
⑦バフ・デバフ系のスキルはサブ武器で使え
⑧スロット効果スキルを有効活用せよ



私は、大体この8項目を基本にスキルを選んでいます。
この8項目で一番大切なのはをどのスキルにするかですね。
メインダメージソースを近距離アクティブスキルにするのか、遠距離にするのか、即時発動式なのか詠唱時間(チャージ)があるのか、またはアルティメットに賭けるのか・・・

どれに絞るかでその他のスキル構成が大きく変わってきます。

例えば、アルティメットをダメージソースとして採用した場合は、如何にアルティメットを貯めるのかを考える必要がありますし、近距離スキルならどうやって接近するのか、アッパーカットのような近距離&チャージの時間が必要なら、接近してチャージ中に敵に逃げられない&バッシュやCCを貰って解除されない工夫が必要となってきます。


メインスキルを活かす事が出来れば、後は自己回復や自己バフ系にデバフ系やCC系スキルを自分のスタイルに合わせて採用していくと、死にスキルの少ないビルドが出来上がります。
意図してあれもこれも出来る万能型を作る事も当然出来ますが、DPS型にしているのに今一攻撃力に乏しいな~等感じる方は是非メインスキルの見直しをして下さい。

少しは変わるかもしれませんよ。


まぁ、あくまで私の考え方なのですが、ビルド構築の一助になれば幸いです。