先日発売されましたTITANFALL2ですが、皆さん遊んでいらっしゃいますか?
私もESOの合間に遊んでいますが、やっぱり面白いですね~。

ただ、他のFPS系のゲームに慣れている方はあまりにも高い機動力とタイタン(ロボット)の存在、そしてBOT兵士(ミニオン)の存在に戸惑われるんでは無いでしょうか。
まぁ、最近のCODはTITANFALLに近い操作性になっていますけどね。


さて、TITANFALL2で初めてこのゲームのシリーズに触れた方も多いと思いますが、このゲームのマルチプレイを遊んでいて、「あれ?FPS得意なのに勝てないな~」って思った方も多いのでは無いでしょうか。


このゲームは他のFPSみたいに有利なポジションに立てこもる戦術がそれほど強くありません。
立体起動&高速移動のおかげで四方八方に死角が出来ますし、 ミニオンがパイロット(プレイヤー)を発見して射撃してきますので、直に他のプレイヤーに位置がばれやすい。
そして、プレイモードにもよりますが基本点数制なのでミニオンを狩るとポイントが加算され、立て篭もっているとミニオンのポイントが稼げなくて負けてしまうこともあるのです。


この辺りは流石元COD制作メンバーが作っただけに考えられていますね。
私が個人的に思うのは、『FPSは発売当初が一番面白い。』それは、プレイヤー人口が多いだけではなく、最初の頃は戦術が確立されていなく、素直にドンパチできるからなんですよね。

その後、少しずつ戦術が確立されてきて、『キルデス』とか意識しだすともう駄目。一気に面白くなくなってしまう。
ゲームを面白く無くしているのは、プレイヤー自身なんですよね。

その点、TITANFALLシリーズは、プレイヤーキルだけに拘らないゲーム設定と、高速移動&立体起動を取り入れる事で見事克服しているんじゃないかな~と思っています。


ただ・・・。今後人口が減ってきてPTプレイヤーと出逢う頻度が増えてきたら、初代と同じように虐殺ゲーが開始されるのは目に見えていますが・・・。
今の所、上手くPTと野良と分けてマッチングさせて貰えている様なので、殆どストレスなくプレイできています。
このまま野良同士で遊べるくらい人が残って欲しいものです。 



さて、色々書きましたがここからが本題です。
今日は、TITANFALL2に早く慣れるため&楽しむために私がやったポイントを紹介したいと思います。


①立ち止まるな。
他のFPSでは待ち伏せしたりするケースが多いと思いますが、このゲームはせっかく高機動システムが備わっているんだから使わない手は無い。
操作に慣れないうちは、0キルなんて事もあると思います。実際私は前作やっていたのにFPSから離れすぎていて駄目駄目で0キル&ダントツの最下位でした。
しかし、ゲームに慣れると敵の攻撃を回避しながら反撃できたりするようになれますので、従来のFPSの立ち振る舞いを一度忘れて立体機動の動きに慣れていくと、このゲームの面白さが分かってくると思います。


②プレイヤーキルに拘らずミニオンを狙え。

プレイヤーキルは5ポイント、ミニオンは1ポイント、リーパーは5ポイント手に入る。
ミニオンは集団で4人くらい固まっているので、グレネード等で一気に殲滅していけば、ポイントは稼げるしタイタンを呼ぶメーターも溜まるので、プレイヤーキルにこだわって篭城したり、ぐるぐる回っているよりは、少なくとも勝利に貢献が出来る。
更にタイタンに乗っているときは踏み潰したり簡単に処理できるので、積極的にミニオンを狩ることは非常に大事である。


③仲間のタイタンの背中は常に確認せよ。

このゲームはロデオされると、充電器を盗まれたり大ダメージを負ったりします。自分で処理も出来るのですが、仲間に背中をパンチしてもらうのが一番なので、皆が共通意識として見張っておけばタイタンの生存確率が格段に上がります。


④緊急脱出時は絶対に2段ジャンプするな。

緊急脱出時は大きく上空に飛び上がるので、どうしても二段ジャンプしてタイミングずらしたりしたくなりますが、緊急脱出時のチャンスを狙っている人からしたら、ブーストの噴射エフェクトは狙ってくださいと言っているようなもの。更に2段ジャンプ後は落下速度が緩やかになりますので、被弾確率も上昇します。2段ジャンプするくらいならグレネードを投げつけている方が生存確率は上がります。 


慣れてくると、もっと気をつけなければいけない事もありますが、最初はこの辺りを気をつけておけば少しずつ強くなってくると思います。
後、私は動きに慣れる為に、あえてショットガンを使って練習しました。
ショットガンだと、距離をつめられないと勝負にならないので否が応でも動き回らなければなりません。最初はめっちゃ死ぬことになりますが、使いこなせるようになると非常に楽しくなりますので、是非練習して見て下さい。



最初は0キルという成績という成績でしたが少し慣れてくるとこんな感じの成績残せるようになりました。
2

そして更に練習していくと

1
 
こんな感じで活躍できるかも!!