今週のESOは珍しく火曜日のメンテ。
ESOが楽しみで帰ってきてるのにお預けは辛い。

という事で、ESOの記事書いて気を紛らわしていこうかな。


今日は、以前書いた武器の特性に続いて、防具の特性についてです。



防具の特性は、武器の特性と違って日本語訳をそのまま理解できますので非常にシンプルです。

防具の特性一覧

【神々】
ムンダスストーンの効果を増加させる。最高で7.5%上昇し、全身神々にする事で52.5%も上昇させられます。
ムンダスストーンには上げるのが難しいステータスの補正が多く存在し、レアステータスのムンダスストーンを有効活用しようと、全身神々にするケースもあります。

【豪華】 
敵から獲得できる金が増加

【貫通不可】 
防具の耐久力減少を緩和し、被クリティカルダメージを緩和する。
NPCはクリティカル攻撃をしてこないので、ほぼPVP専用の特性となっている。
ゲームのシステム上、高DPSビルドは高クリティカル率を採用しているのが主流で、連発してくるクリティカル攻撃に対して防衛手段が出来ていないとあっさりKILLされてしまいます。
その防衛手段として、クリティカルで上乗せされるボーナスダメージを軽減できる貫通不可は非常に優秀と言える。

【注入】
防具に取り付けた付呪の効果を上げる。最大で20%も上昇するが付呪効果が一番高い「胴体」と次に高い「頭」「脚」くらいで無いと恩恵が薄くなる。

【強化】

装備品の基礎防御力が上昇する。最大で16%の上昇となるが、基礎防御力の低い軽装備では殆ど効果が無い。

【頑丈】
ブロック時の消費スタミナが減少する。

【訓練】
敵を倒した際の経験値が増加する。

【適切装備】
ダッシュとドッジロール時のコストが減少する。一見微妙な効果のように思えるが、PVPではドッジロールで攻撃回避したり移動系のデバフを解除したりと、意外と多用するドッジロールのコストを最大で5%軽減、全身装備で35%となると意外と侮れない効果である。

【ニルンホールド】

物理耐性と呪文耐性を固定値で増加させる。最大で301上昇させるが、強化とは違い重装備等の高防御力装備では効果が薄い。変わりに軽装備等の基礎防御力が低い防具に対して効果を発揮する



大体人気の特性としては『神々』でPVE『貫通不可』でPVPという感じになっています。
次点では『強化』『注入』という感じになり、育成用として『訓練』も人気です。


個人的には、『適切装備』がダッシュとドッジロールでは無くて、ブレイクフリーとドッジロールのコスト削減なら、PVP用の特性として、貫通不可と二分する特性になったかもしれないな~と個人的に思いますが、ドッジロールで回避しまくる戦闘スタイルのビルドなら今の『適切装備』でもありだと思います。